ある程度車両価格が高い中古車を手に入れるときに、自動車ローンを組むことを考える人は大変多いでしょう。自動車ローンには金融機関のものと信販会社のものがあり、前者であれば金融機関の店舗で直接申し込み、後者であれば販売店で売買契約をする際に一緒に申し込みます。しかし、いずれの場合でも申し込んだ後は審査が行われて、融資および購入代金の立替払いを実行するかどうかが判断されることになります。つまり、申し込んでも必ずローンが組めるとは限らず、中には審査を通過できず、中古車の購入を見送らざるを得なくなるケースも存在します。

自動車ローンの審査に落ちる原因は複数考えられます。まず、信用情報機関に事故情報が登録されている場合は、ほぼ確実に審査に落ちます。過去に借金の返済やクレジットカードの利用代金の支払いを長期間遅延させたことがあったり、債務整理を経験したことがある人は要注意です。また、借りようとしている金額に対して返済能力が十分に無いことも、審査に落ちる原因として考えられます。

この場合は、収入を増やしてから中古車を購入しましょう。既に借金がある人であれば、完済の見込みがあるとみられるところまで借入残高を減らすのも原因の解消につながります。中には、事故情報が無く、返済能力が十分にある人でも審査を通過できないことがあります。これは、申込者の職種や、現在の勤務先での勤続年数の短さ、雇用形態などが問題視されたと考えられます。

この場合は、より安定した収入を得られるような雇用形態で職に就いたり、よりキャリアを積むことで、審査に落ちるのを回避できる可能性が高くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です