ムダ毛のない永久脱毛をしたいという人に、大変人気がある医療脱毛は、厚生労働省から認可を受けた医療用の脱毛器から放出されるレーザーが、ムダ毛に含まれている黒いメラニン色素に反応して、ムダ毛の毛根に熱を与えて毛を作る機能がある毛根を破壊することで、永久脱毛をする仕組みの脱毛です。レーザーは黒い色素に反応するため、黒い部分には照射できないというデメリットがあります。皮膚がもともと黒い人や日焼けをしている場合には、レーザーが反応してやけどを起こす可能性があるため、レーザーを照射することができません。また、ほくろや傷にも、レーザーを照射できないことがあるため、ほくろや傷がある部分の脱毛したい時には、別のレーザー機器を使ってほくろや傷の除去をしてから、脱毛を受けることになります。

体の中で色素が濃いことが多い、デリケートゾーンや乳輪など、他の肌よりも色素が濃い部分の脱毛は、医療脱毛機器が進歩し安全に脱毛できる部分があることや、医師が診察しながら、出力を調整するなどして脱毛することができる場合がありますが、医療脱毛のレーザーは、黒い色に反応するという性質があるため、黒の色素が弱い白髪や産毛には、レーザーの光が反応しにくく、脱毛効果を得られにくことがあります。白髪が出てくる前に、脱毛したり、産毛に根気強くレーザーを当てたりする必要があるところが出メリットとも言えますが、医療脱毛機器は、年々進歩しているので、将来的にさらに改良が進めば、現在効果が得にくいとされている脱毛にも効果的なレーザーが開発されるかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *