医療脱毛にはレーザーを利用した脱毛と絶縁針を利用した脱毛の2種類が在ります。レーザーは広範囲の脱毛が可能になるのに対し、絶縁針脱毛は毛穴に細い針を挿入して施術を行う事になるため、時間や手間がかかると言うデメリットが在ります。しかし、レーザーでは脱毛がし難い産毛の脱毛などに対しての効果は高いのが特徴で、医療脱毛は永久脱毛が可能になると言った特徴も在ります。脱毛と言うと綺麗な肌を手に入れたい、日々のムダ毛処理から解放されたいなど、美容として施術を受ける事が多いのですが、医療脱毛は治療などでも利用される脱毛とも言われています。

尚、脱毛の施術を受ける場合、大きく分けるとサロンなどの施設とクリニックなどの施設になりますが、サロンと言うのは医療行為が認められていないため、レーザーや絶縁針を利用した医療脱毛を行う事が出来ません。また、永久脱毛は医療脱毛を行う事でムダ毛の発毛組織を破壊出来るもので、サロンで行われている光脱毛は完全に発毛組織を破壊できないため、永久脱毛と言った表現を広告の中で使う事を禁止されています。尚、脱毛をする場合に覚えておくことは、レーザーを利用したり、光を利用したりの脱毛は、日焼けに対する対策を万全にしておくことです。レーザーの光や光脱毛の特殊な光は黒いメラニンに強く反応を示すため、肌にレーザーや特殊な光を照射させると肌全体に広がってしまい、肌へのダメージを与えてしまう事になる事からも、日焼け対策を行う事が大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *