一口に脱毛と言っても、家庭用の脱毛器を使うことやエステサロンなどに行くこと、病院に行くことなど、いろいろな方法があります。家庭用の脱毛器は、毛抜きで毛を抜くのと同じで、物理的な力でむだ毛を引き抜くため、肌に負担がかかりやすく、毛穴が腫れたり、雑菌が入って化膿することもありますが、気になった時に家庭でできる所がメリットです。サロンでは、光を使った施術を行うことが一般的で、痛みが少なく広範囲の施術ができる所が人気です。肌のトリートメントを行うなど、エステのような気分も味わえますが、脱毛効果は一時的で、時間がたつとむだ毛が生えてくるので、むだ毛のないきれいな肌を維持したい場合は、定期的に施術をしに行く必要があります。

病院で行う医療脱毛は、メラニン色素に反応する特殊な光を使って、毛根の毛球にある毛母細胞にダメージを与えるしくみです。しくみは、エステサロンなどと同じですが、光の出力が強いため、毛が再生してこなくなることが特徴です。エステサロンでは、光の出力が弱いため、毛が抜ける効果はありますが、細い毛が生えてきたりすることがあり、完全に生えてこなくなることがないことが違いです。肌が弱い人や敏感肌の人、アトピーの人などでも医療機関なら、安心して施術を受けることができ、また、万が一トラブルがあった場合でも、医師がすぐに適切な処置をしてくれたり、アフターケアをしてくれるので、医療機関で施術を受けると安心できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *