脱毛を考えたとき、医療レーザーを用いての脱毛と聞くと、痛みを伴うようなイメージを持つ人も多くいることでしょう。一方で医療脱毛はサロンとは異なり、しっかりとムダ毛の処理をしたい人におすすめの脱毛方法で、サロンと比べても比較的得られる効果が高いのが特徴です。また、気になる痛みについても少なく、医療施設での脱毛ということから、安心、安全性が高いのも特徴です。ここでは、医療脱毛の種類とそれぞれの特徴についてご説明いたします。

そもそも医療レーザーとは、波長によって毛の黒い色素にだけ反応する性質を持ったレーザーです。照射すると毛の色素にだけ反応し毛根を破壊するため、周囲の皮膚を傷つける心配もありません。従来の針脱毛と比較しても痛みが少ない上、確実な効果が実感できるということで、現在の脱毛方法の主流となっています。また、医療脱毛にはいくつか種類があり、それぞれ特徴が異なるため、うまく組み合わせて使用することで十分な効果を発揮します。

まず、ダイオードレーザーですが、低刺激で痛みも少なく照射範囲が広いため、短時間での脱毛が可能です。アレキサンドライトレーザーは肌を冷やしながら照射を行うため、痛みを抑えての施術が可能です。また、ジェルを使用しないため、アレルギーの心配もいりません。ロングパルスヤグレーザーはより深くまで波長が届くため、男性の髭など、毛が濃い部分にも効果を発揮します。

その他にもG-MAXといって、日焼けをした肌にも照射が可能な低刺激のレーザーもあります。以上のように、医療脱毛では様々な効果のレーザーがあります。特徴毎にうまく使い分け、理想の肌を手に入れましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *