脱毛の施術を受ける際には、いくつか気をつけることがあります。これを守らないと思わぬトラブルに見舞われることもあるので注意が必要です。サロンやクリニックのほうでも注意事項は言ってもらえるはずですが、自分でもあらかじめ知識を持っておくとよいでしょう。まず、一番気をつけなくてはならないのは日焼けをしない、ということです。

脱毛の原理というのは、毛の黒い色に反応する光を照射し、それが毛の色素に吸収されて熱エネルギーに変換され、毛根やその周辺組織を熱によって破壊するというもの。したがって、肌が黒いと肌の色にも反応してしまい、やけどを起こすことがあるのです。少なくとも施術を受ける2週間前からは日焼けしないようにすること、あるいは日焼けしてしまった場合は色がさめるまで施術は受けないようにします。また、施術の前後12時間はお酒を飲まないようにしましょう。

脱毛の後ですが、冷却処理をしてもらってもほてりや赤みが残ることがあります。家に帰っても残っている場合は保冷剤などで冷やすようにし、それでも収まらない場合は施術を受けたサロンやクリニックに相談しましょう。また、脱毛後は肌が敏感になっているので、保湿や紫外線対策をしっかりと行い、いつも以上に気を使って肌を保護するよう心がけましょう。激しい運動も避け、お風呂も湯船にはつからずかるくシャワーを浴びる程度にし、肌を摩擦しないようにします。

また、次の施術までは毛抜きやワックスでのムダ毛処理は行わず、カミソリやシェーバーを使うようにします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *