脱毛を受ける場合、価格の安さや予約の取りやすさ、効果の持続性などを重視してエステや医療機関を選ぶことも大切ですが、それ以上に重要となるのが安全性です。いくら安くても、技術に劣る施術で火傷の跡などを残されては大変なので、まずは何を差し置いても、安全性を優先してチェックすることが必要不可欠となります。安全性を最優先する場合、やはり医師免許を有しており、万が一の際に間髪入れずに適切な処置が受けられる医療機関が理想といえますが、それでも立地、予算などの都合で、どうしてもエステが良いという人も少なくありません。そういった場合、エステの安全性を見極めるポイントのひとつとして挙げられるのが、スタッフの資格の有無です。

細かな方式の違いはあれど、基本的には現在のエステの大半がフラッシュ脱毛と呼ばれる方式で施術を行っていますが、実はこの方式で施術を行うのに、公的な資格は必要ありません。その為、無資格のスタッフの未熟な技術によるトラブルが脱毛エステ業界の問題点ともなっていましたが、公的な資格は存在しなくとも、民間のエステティシャンの資格というものは存在しているので、それを取得しているかを確認することでトラブルのリスクを減らすことができます。また、人の技術だけでなく、施術機器の性能や、しっかりと必要なメンテナンスが施されているかも重要なポイントです。しっかりと機器をメンテナンスしているお店は、店内の衛生管理も行き届いている場合が多いので、カウンセリング時などに意識して見てみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *