永久脱毛には、数々の方法が存在しています。施術に用いる機器や技術も日々進化を続けていることから、変化が激しい分野と言えます。現在の永久脱毛において、美容外科もしくはクリニックにて主流とされているのは、レーザー脱毛です。皮膚の表面にレーザー光を照射することで、毛の根本と言える毛母細胞と毛乳頭を破壊することです。

毛の黒い組織であるメラニンに対して光が反応するため、熱が蓄積されます。こうすることで、毛が育つ際に大切な役割をしている根本の部分を焼き切るのです。レーザー脱毛は、これまでのニードル脱毛と比較すると痛みを伴わず、短い時間で作業が完了できることから、瞬く間に人気を集めました。メリットとして挙げられるのは、上述したように痛みが少ないということと施術時間が短時間であるということに加え、医療施設が行うことで安心感を得られるということです。

痛みは個々により差があるものの、肌に一瞬刺激がある程度です。しかし、レーザーによる施術は光の波長がメラニンに反応するため、色素が薄いものや産毛などには効果が現れません。太くコシのある毛は効果が高いので脇、Vライン、腕や脚には効果てきめんです。日焼けのメラニンに対しても反応してしまうことから、日焼け具合によっては施術が断られてしまう恐れもありますので、日焼けしやすい夏などは注意が必要です。

また、永久脱毛は毛周期なども関係してくるため1度のみならず何度か通う必要があることも考慮しておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *